透析(腎センター)

人工腎臓センター

 

人工腎臓センターの概要

当院透析室は昭和60年7月に開設され、平成6年5月に人工腎臓センターとして別棟に新築されました。平成11年には日本透析医学会認定施設の認定を受け、姶良市はもとより、霧島市や湧水町の慢性腎臓病で透析が必要な方が来院されています。

高齢化が進んでいる昨今、通院の困難な方やリハビリが必要な方、入院を必要とする方が増えています。通院の困難な方には出来るだけ在宅での生活を続けていただけるよう送迎を行い支援しています。またリハビリの必要な方には、当院の総合リハビリテーションセンターで訓練を行っていただいたり、入院が必要な方の受入れも可能です。

腎センター

設備紹介

当センターの更衣室の床には、落ち着けるよう畳が敷いてあります。またプライバジー保護のために、個々のロッカーを設けています。ロビーと談話室があり、入室前と透析終了後にはゆっくりとくつろげるような空間となっています。

  • センター内
  • 診療

血液透析ベッド数は43床(全自動型透析装置)で、安全でより良い透析医療を提供することはもちろん、ご家族の方にも安心していただける医療・看護・介護が提供できるよう日々努力しています。

ベッドの間隔は広めで各ベッドに液晶テレビを設置し、長い治療時間を快適に過ごしていただけるよう配慮しています。透析液の清浄化にETRF(エンドトキシン捕捉フィルタ)を逆浸透装置出口、多人数用透析液供給装置出口、透析器入口の三箇所に配置して、より清潔な透析液を作製し、特殊な治療法のオンラインHDFを導入するなど合併症予防に取り組んでいます。

ベッド数 43床
治療内容 HD(血液透析)on-lineHDF(血液透析濾過)I-HDF(間歇補充型血液透析濾過)CAPD(腹膜透析)
設備 個別液晶テレビ / 更衣室(個人ロッカー) / 患者様専用駐車場あり
食事 治療食1食515円(管理栄養士による栄養指導も行っています)
送迎 送迎サービスを行っております。(詳細はお問い合わせください)

 

腹膜透析

腹膜透析

2017年5月より腎不全外科外来が開設され、腹膜透析を始め、シャント作成・人工血管植え込み・動脈表在化などのアクセス選択や、急なバスキュラーアクセストラブル時にも当院でPTA(経皮的血管拡張術)・血栓除去など多岐にわたり対応することが可能になりました。

ご案内