歯科

歯科紹介

歯科は一般外来歯科を常勤歯科医師1名が担当し、病室での歯科診療、口腔ケア及び施設等への訪問歯科診療、口腔ケアを非常勤歯科医師2名が担当しています。

歯科衛生士5名、および受付1名の常勤スタッフがサポートしています。

  • 歯科

診療は、以下の3点を中心に行っております。

  1. 外来患者への歯科診療
  2. 入院患者への歯科診療
  3. 入所施設などへの訪問歯科診療

当院歯科は病院内の他診療科との連携が非常にスムーズで、有病者の患者様はもちろんのこと、常に安心できる歯科医療を提供できる環境が整っております。その一環としてNSTチームへの参加、口腔機能向上委員会の主催などがあり、総合的に入院患者様や関連施設に入所されている患者様の口腔清掃に努め、口腔機能低下症の予防や誤嚥性肺炎の防止等に努めております。

 

歯科の診療内容

診療は、主に入院中の患者様、当院退院後の患者様、関連施設入所中の患者様の歯科治療や口腔ケアを外来診察にて行っておいますが、外来受診できない患者様は、随時 病室もしくは施設かご自宅へ往診して診療しています。

齲蝕、根管治療、歯周治療、義歯やブリッジの補綴治療、抜歯などの外科治療などは一般的な歯科診療所と同様の内容の診療を行っておりますが、病院歯科でもあることから、入院患者様の口腔ケアにも積極的に取り組んでおります。また、退院後も当院関連施設にご入所される方を中心に、訪問歯科診療にも取り組んでおります。

高齢者や寝たきりの患者様はご自身で口腔ケアを出来ないことが多く、口腔内汚染が進んだり、飲み込む力が低下したりするなどで、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高くなります。この予防には口腔ケアが有効であり、口腔機能向上委員会を主催し、看護師、ケアワーカー、言語聴覚士に口腔ケア指導を行なったりして、入院患者様の口腔ケアの質の向上を図り、誤嚥性肺炎の予防に寄与できるように努めております。また、舌圧テスト、咀嚼機能テストを積極的に行い、言語聴覚士とも連携して口腔機能低下症の予防に努めております。

 

一覧へ戻る

ご案内