病院機能評価認定病院

加治木温泉病院は日本医療機能評価機構認定病院です。

当院は、第三者評価機関である公益財団法人日本医療機能評価機構による評価審査を受審し、2017年3月3日に機能種別版評価項目3rdG:Ver1.1の認定を受けました。
2002年5月20日に初回認定されてから、4回目の認定となります。

また、2019年4月5日には付加機能(リハビリテーション機能Ver3.0)の認定も受けており、リハビリの質と安全性が担保されていることが専門的な評価機構からも認められています。
付加機能の認定は、2008年12月15日に初回認定されてから3回目の認定となります。鹿児島県でこの認定を受けているのは、加治木温泉病院のみです。

  • 主たる機能:慢性期病院
    主たる機能:慢性期病院
    (認定第LL34-4号)
  • 副機能:リハビリテーション
    副機能:リハビリテーション病院
    (認定LL34号)
  • 付加機能:リハビリテーション
    付加機能:リハビリテーション機能

当院は患者様に質の高い医療を提供し、満足していただける病院づくりのために頑張って参ります。

 

機能評価ロゴ

病院機能評価認定病院とは

「公益財団法人日本医療機能評価機構」が、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とし、中立的・科学的な第三者機関として病院の機能、安全管理体制、療養環境などを総合的に評価する制度です。

一定の水準を満たした病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院と認定された病院となります。

ご案内